概要

スクナ=ビコナ・クライトマン / Sukuna-Bikona Cleitman
17歳 身長156cm(触覚込みで180cm) B型 フラン帝国ベルラ町出身。
誕生日は7月19日。

頭にリボンのような大きな蛾を纏い、両腕にはクリーチャーと呼ばれる器官を取り付けられている。
クリーチャーは血液を循環するポンプの役割となっており、両手両足、そして頭の計五箇所に取り付けられている。
両手が両手なのでかき上げることが出来ず、右目は髪の毛で隠れている。右目そのものに特殊な力は持っていない。

ブリザードミュージックでのスクナ・ビコナ

フラン生物研究所で作り出された白兵戦用ヒトキメラ。
本名、エルアネット・クライトマン(Eluanette Cleitman)、フラン自衛軍の将校からはおぞましい容姿からキメラガール(Kimella Girl)と蔑称される。
フラン生物研究所に所属するアドルフ・クライトマンの一人娘で、ビト・モノクロームの恋人。

ベルラ町に住むごく普通の生活をする少女であったが、反パルメキア意識を高めるプロパガンダに巻き込まれ戸籍上「死亡」する。
事件に巻き込まれたかのように見せかけ、存在そのものを抹消されたが、その裏でフラン生物研究所所長"ビクター・フランケンシュタイン"によって、戦闘兵器としてヒトキメラに改造された。
改造自体に疑問を抱くビトに連れられ脱走した。

INNOSECT!でのスクナ・ビコナ

スクナ・ビコナ(Sukuna-Bikona)という名で登場。
コールドスリープシステムで眠っていたヒトキメラの少女。ビャクア地帝国の発掘員が掘り出し目覚める。
キメラシステムの暴走で破壊の衝動に目覚め、スズメバ、ビャクアと続き第三の勢力となる。

関連する人物

ビト・モノクローム
ビトと共にロコク大陸を旅している。ビトとの仲はまさにちんちんかもかもと言ったところである。

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-27 (金) 07:15:54 (2996d)